オンプレミス版との違い | 外付けhddが故障した時に助けてくれるプロ|ITスキルがある業者

オンプレミス版との違い

オフィス

IT業界でよく耳にするようになったのが、クラウドコンピューティングです。クラウドを有効活用することで、販売管理や在庫管理の作業負担を減らしたり、コストを削減したりすることができます。クラウドとは、インターネットを経由してサーバー上に保存できるサービスのことです。オフィスのパソコンにデータを保存した場合は、オフィスに行かないとデータを見たり、編集したりすることはできません。しかしクラウドの場合は、インターネット環境があれば、パソコンやスマホを使ってデータの閲覧や編集、保存ができるのです。さらに、個人だけではなく複数でデータを共有することも可能なので、ビジネスではとても役立ちます。クラウドサービスは、「SaaS」「PaaS」「IaaS」の3種類があります。クラウド販売管理システムなどは、SaaSに分類されます。SaaSとは、ソフトウェアをクラウド上で利用するサービスのことで、自分のパソコンにソフトウェアをインストールしなくても使えます。

販売管理システムには、クラウド型とオンプレミス版の2種類があります。この2つの大きな違いは、借りるか購入するかということです。クラウド型の場合は、月額費や年額費を支払い、借りて利用することになります。それに対して、オンプレミス版は一括購入をして、自社の資産として使用するのです。クラウド型の場合、利用料にOS対応やバージョンアップの金額も含まれているので、オンプレミス版のように大きな投資をしなくても使えるというメリットがあります。また、販売管理システムに限らず拡張性が高いので、最適な機能を簡単に揃えることができます。